日本の歴代スポーツカー映像集

セリカ

セリカは、先進的なデザインの採用をスポーツクーペの主要な特徴の一つとし、比較的デザインがおとなしいといわれるトヨタ車のなかで、デザインが先進的で斬新なものが採用されていた。

新進気鋭なスタイリッシュなデザインだった初代セリカ1600GTの映像、Part2です。
1970年、日本初のスペシャルティカーとして登場した、初代セリカ1600GTの映像、Part1です。
一世風靡した、トヨタのセリカ1600GTリフトバックを紹介する映像です。
2代目の、セリカ(A40)のCM映像です。「セリカ」について量産車としては日本初のスペシャリティカー。ヤマハ製の名機2T-G型エンジンを積んだ最上級モデルの1600GTを除いては特定のグレードを持たず...
北米のセリカのオーナーズも会合での映像です。「セリカとWRC(世界ラリー選手権)」について5代目のセリカにて、空冷インタークーラーとセラミックタービンを搭載したST185型は1989年に登場していたが...
セリカのWRCへのチャレンジの歴史を紹介する映像です。「セリカとWRC(世界ラリー選手権)」についてWRC仕様車という、国内限定2100台販売の限定車が用意された。このGT-FOURは、TTEのオベ・...
ギリシャの、セリカ・オーナークラブを紹介するスナップ映像です。「7代目セリカ ZZT230系」について1999年10月フルモデルチェンジ。トヨタアメリカのデザインチーム「CALTY」がデザインを手がけ...
6代目セリカのCMの前期型と中期型の2本を収録しています。前期CMキャラクターは長髪の外国人男性モデルが登場し「セリカの男。」のキャッチコピー、中期型以降はデニス・ホッパーが登用され、「セリカは好きか...
CMのキャッチコピーは「流面形、極まる」。レッドマイカ色のセリカが疾走、サイドボディーが映る映像となっています。「4代目セリカ ST160/AT160系」について1986年、トヨタ初のベベルギア式フル...
4代目セリカのCMで、キャッチコピーは「流面形、発見さる」。風紋がくっきり出た砂漠に、セリカが置かれ、BGMにプッチーニ作曲「蝶々夫人」が流れます。「4代目セリカ ST160/AT160系」について1...
2代目セリカのCMです。キャッチコピーの、「答えは風の中にあった」は、当時、次期セリカのスタイルが非常に大きな関心となり、色々な憶測を呼び、それに対して、「答えは」となったと言われています。「2代目セ...