日本の歴代スポーツカー映像集

ギャランΛ(ラムダ)

ギャランΛ(ラムダ)は、当時のアメリカ製クーペ等に影響されつつ、角形四灯ヘッドライトやサイドに折れ曲がったリアウィンドウを採用した直線的スタイルで、先行発売のギャランΣ同様当時の三菱の花形車種の一つとなった。

「ギャランΛ(ラムダ)」について内装でも、国産車初採用となった一本スポークのステアリングホイールとも相まって、斬新な印象を人々に与え、機構面では、前輪ストラット、後輪4リンク式固定軸のサスペンションを...